トモジーのblog

Yahooブログから引っ越して来ました。



             お疲れ様です。

 本日仕事明けでした。 12日ぶりにフレーム作製工場へ行って来ました。


本日の作業.Rエンド差込み煽り・チェーンステーザグリ修正・Rエンド-チェーンステー仮付け・チェーンステーBB側ザグリ・Rエンド-チェーンステー本付け.でした。




   Φ56mmボトルを,仮想タイヤと見立てクリアランス確認しました。
  1112フレーム作製1
ラグレス場合上からプレート押えますが、ラグフレーム時BB差込確認した方が早いと御指導頂きました。



   [shimano]提供フレーム作製者用あんちょこ表初めて活用しました。
  1112フレーム作製2
分厚く相当量データ記載されてます。世界基準が[shimano]なってます。(-_-;)



    仮付け後,もう一度BB差込み確認しました。
  1112フレーム作製4



   治具に乗せたままホールソーにて直角切りします。
  1112フレーム作製5
  ホームビルド時では,切断サンダーで,こんなもんじゃね的カットです。(~-~;)



  再度おろし 治具固定まま[パークツールスタンド]咥え本付けです。
1112フレーム作製6
   この工程は二度目なので,スムーズに出来ました。
  1112フレーム作製9
   何度もですが,ゴッツイ鍛造適温まで持って行くの時間かかります。



   曲げ失敗ヵ所修正イマイチなので,再ロウ盛り。
  1112フレーム作製7
  こう言ったパイプ上修正・小物取り使けは[マップガス]で十分対応できます。



  二本目~は,先生と併用作業(基本的自由).20分程ロウ付け見させて頂きました。
  1112フレーム作製3
   トーチ火力・ロウ棒・フラックス・を自在に操る姿は,見事です。



Rエンド-チェーンステー接続部ラフ仕上げ後チェーンステーBBへ差込み確認.本日の作業終了。
1112フレーム作製8
 定盤上にて,こんな感じイメージ📷撮り.妄想◎高まります。



 MTB黎明期の産物?利用し,1つ部品作製しようと考え浮かびました。





  

      お疲れ様です。ここに来てやっと天候安定してきました。
 
  今6月購入した[RITCHEY P-650b]やっとの事 里山デヴューして来ました。



MTB仲間誘い,久しぶりに[七国峠]周辺トレール走って来ました。記憶が確かなら8年ぶりです。

七国峠4
三者三様 26HE.2.75inc.29inc.ホイール径3人とも違いました



木漏れ日綺麗に差し込み.路面状況も上々でした。[K]様ガイドありがとうございました。
七国峠3
 austintexas様 御一行とも遭遇.やっとの事 里山シーズンです。




F32t R11t~46tにて走りましたが,ここ一番トライヤル的乗越え時.もう少し軽いギァ欲しいです。
七国峠8
R51t出てきたの,分かります。担いだり・押せばイイじゃんと言われるかもしれませんが,MTB乗りは いかに足を着かずクリァするのが美学なんです。?(-_-;)




台風19号の影響心配でしたが、愛好家の方々が倒木片付けされたのか 気持ち良く走ること出来ました。ありがとうございます。 首都圏近く 乗車率(担ぎ押上 殆ど無し)高い[七国峠]周辺トレール 何時までも走れるよう,最低限のマナー守っていきたいです。





          お疲れ様です。


本日は公休日でした。 というか㈫㈬㈭三連休取ってます。 北九州方面行こうと計画してましたが、12月訪れる事にし、中2日でフレーム作製行って来ました。


本日の作業.BBラグさし込角度調整.チェーンステーベント加工.寸切り.Rエンドさし込ザグリ.Fフォークコラム延長.です。



  プロ用治具お世話になってしまいました。
  1031フレーム作製
  作製Rエンド幅交換でき.Rセンター可変設定の優れものです。これ凄く欲しいです。



  使用タイヤ設定ビート径584mm[WTB ホライゾン 47c].BBラグ髭をダミーパイプで外側へ煽ります。
  1031フレーム作製2
  先生よりタイヤクリアランス稼ぐ方法 chaステー内側潰したくないらしいです。



  Φ50mm架台を仮想タイヤ見立てchaステーベントさせて行きます。
  1031フレーム作製3
  右側マーカー タイヤ外側,アタリです。ラグ煽りこの辺限界です。


  クリアランス確保にS字ベントで対処します。
  1031フレーム作製4
  フレーム作製で,やってみたかった一つ熱間曲げ.行う準備で砂詰込ます。



  曲げる支点を狙い炙りながら曲げます。
  1031フレーム作製10
  一定の力保持しながら炙っていくと,くねっと曲がり始まります。



  Fフォーク作成時と同様定盤上重ねて左右曲り合せます。
  1031フレーム作製6
  こんなもんじゃね 的な,人間臭い作業です。 面白いです。



  一方方向の曲げで,クリアランス確保OKと思ってましたが……。
  1031フレーム作製7
  踵のクリアランス確保しないと駄目らしいです。太いタイヤ作製時用に[shimano]からデータ配布されてるようです。



  Rエンド側は外側へS字ベントさせます。砂を抜いた後 冷間曲げです。
  1031フレーム作製8
  この時 大失敗(/_;) ベンダー支点間違え,カックンと曲がってしまいました。 先生がベンダーで戻してみて下さいと。慎重に戻したら…… 戻った。鉄って凄いっす。少し凹み出来てしまったので真鍮ロウ盛り修正しました。



  Rエンド ロウ付まで行えると思ってましたが,時間切れ。
  1031フレーム作製9
  残り時間で作業出来る,コラム延長(40mm)行い 本日の作業終り。



ラグドフレーム Rセンター435mm タイヤビート径584mm[WTB 47c]設定 綺麗にクリアランス確保出来るか心配でしたが,MTBハードテール得意としてる先生の御指導にて,体裁良く後ろ三角収まりそうです。?









↑このページのトップヘ