トモジーのblog

Yahooブログから引っ越して来ました。

2009年11月

明けで、帰宅できるはずが 同僚の都合で34時間勤務ヘロヘロを吹き飛ばす、知らせが!

なにげに、「ワールドインポートツール」→ http://www.worldimporttools.com/img_new/parktool/main.htm
HP見てると、なに!…「パークツール」が35%OFF!
昨今の自転車ブームなのか、舶来高級?!工具店でも「パークツール」取扱始めたんですね。

で、気合いで「ワールドインポートTool」板橋まで行ってきました。(本来なら帰宅後爆睡)

ハブスパナ正価\1470→\950 これ通販でも太刀打ちできない\!
即リアクションバイト。

20年物の「ハブスパナ」
まだまだ使えますが、統一制と見た目のヤル気 そそる為更新。
イメージ 1



これで、夜な夜な「玉あたり」に、専念できそうです?!
イメージ 2



これ、「サイクリー」等の中古品(ボロボロ)でも、この\付いてないです。

11/22.23ACF年末恒例 上野村「すりばち荘」集中ランに参加してきました。

相変わらずの、投稿の遅さスモマセン&今回も携帯UPです。



まずは、「秩父鉄道」皆野駅 下車。
ACF会員ですが、「アルプス車」持ってません。
で、今回も「ZUNOW」で参加。
イメージ 1



「合角ダム」横通過し、「土坂峠」経由で、上州へ。
イメージ 2



そのまま、万場町に下り国道では、つまらないので、尾根づたいの林道へ。
イメージ 3



「すりばち荘」ここの「鮎」焼き と「うどん」(源泉うち)は、絶品です。
イメージ 4



帰路は、「矢久峠」経由で、武蔵野へ帰ってきました。
イメージ 5



心配されてた天気も夜半に雨が降り、走行時には両日ドライコンディションン。
遅い紅葉を、堪能しながらの西上州ランでした。

ACFの、オッチャン連中なんで、あんなに元気なんだろう?! 凄っお

鮭の燻製なんぞ造ってみました。

切り身を塩〆水抜きし、干物籠入れて乾燥
イメージ 1


中華鍋にサクラチップ入れカセットコンロで燻し開始
イメージ 2



まつこと90分 じゃーんキツネ色の美味しそうな燻製出来上がり
イメージ 3



ついでに、切り身ほぐしフレーク造りました
イメージ 4



鮭の「親子丼」 カロリー高け~
イメージ 5

奄美も行ったし、福島浜通り鮭釣りも行ったし、年末にかけて おとなしく してるつもりです。?!

ここにきて、厄年!本領発揮か?!
ついてないんです(>_<;)
奄美では、¥高い竿折るは ミニベロ走行中にハイエースに追突するは この前のスクーター姉に突っ込まれるは 今夜は、蜂に刺されるは……
おとなしく してろって事ですか?!

ま、この厄時 おとなしく利用して シコシコ自転車いじり&魚料理の勉強でもしますか。



「LEVEL」街乗り 製作開始。

自転車屋「玄」さん http://hwm6.gyao.ne.jp/bicycleshop-gen/ にてFフォーク 穴開けしてもらいました。
イメージ 1


「TA」クランク「プロダイ」歯
イメージ 2



自転車ネタでは無い。です 
Getした鮭料理 白子の甘辛煮 イクラ醤油漬け 切り身粕漬け
イメージ 3

11/11~12福島県浜通「木戸川」「請戸川」へ、サケ釣に行ってきました。

なにを!、9日に事故うけたのに釣なんか行ってる場合か。
と、おおもい方。
2年越しの当選!骨が折れてでも行くと決めてたので、湿布・痛み止め持参で、行って参りました。

初日(11日)「木戸川」台風並みの豪雨で、ほとんどの参加者が、釣果ゼロ(;;)

川の中程まで立ち込める「木戸川」みるみるうちに増水、岸に上がりキャストするのも出来ない位暴風。
主催者側も、あれほどの雨なら早い段階で中止した方が、イイのでは。事故が起きてからでは、遅いですから。(普段の行い悪いのか?なんか、最近ついてないな~)

とっとと昼に「木戸川」切り上げ、車で40分北上「請戸川」へ。
漁協に訪ねると、ここ「請戸」も今日は、ゼロ人が多数だと。
おいおい2年越しのサケの引き味わえないのかい?!

しか~し、明けて12日「請戸川」は、裏切らなかった。
嗅覚利くサケ。増水による払出が効いたのか?!フレッシュラン(海から入りたて)入ってる。

クゥ~!2年越しのサケの引きタマラン。
事故の痛み押して来たかいありました。




デジカメ電池切れで携帯UP粗くスミマセン
立派な雄サケGet(写真.冷凍焼けしちゃってますが)
イメージ 1


のどかな、東北流れる「請戸川」
イメージ 2



遡上した鮭「やな」に、追い込み捕獲、後孵化→稚魚放流.資源確保に努力してます。
イメージ 3



漁協のオバチャン.マシーンのように鮭 捌いていきます。
イメージ 4



遡上サケ.食味は期待できないですが、旬物工夫しながら食べるのも、地元人は知ってます。
勉強になります。
イメージ 5

↑このページのトップヘ