トモジーのblog

Yahooブログから引っ越して来ました。

2010年01月

秘蔵?!「CHERUBIM」改装。

7年前に、自分なりのレストア済んでいたのですが…

どうもRD(CRANE)テンションが、ヘタってるのが気になり

「600ax」へ更新(グレードダウン?!)



「CRANE」初期型です。(yahooブログの皆様拝見で知りました)
イメージ 1



「600ax」5~6年 前進しますが、「CHERUBIM」フレームには、時代的にフィットすると思います。
イメージ 2



かさかさのプーリーは、メンテルーブで しゅっと。
(ホントはグリスですけど、たまーにしか乗らないんで)
イメージ 3



プーリー裏側「シマノ」が、ここまで徹底的に「エアロ」取組んでました。
この情熱 今に活かされないのでしょうか?!
イメージ 4



RDハンガー下に見える 階段状に切りかき 位置決め(STI)の前進ですね!
イメージ 5


ホイールは、「PEUGEOT」と兼用です。
イメージ 6



Rエンド「シマノSF」でしたので、ワイヤー取り回し 面一でした。!(^^)!
イメージ 7



当時 何かと批判多かった「ax」シリーズ。
今 振り返ってみると、現在コンポーネント つかさどる要素多く含んでたと思います。

決して 私「シマノ」好きではないのですが、これからも世を あっと言わせるマテリアルを発信し続けてほしいです。
(そのシマノを打倒する第二第三の勢力が台頭してくるのですから)

魚料理とゆう程ではないんですけど。
三枚に、捌いて中骨に残った身が 勿体無かったので 干物にしてみました。

ハーモニカ咥えるように、歯でそぎ落としながら食べれば、イイおかずになります。


ご飯横 スズキ天麩羅です。
イメージ 1

本日は、仕事明けでした。

本来なら明日の公休に羽を伸ばそうとしたのですが、あいにくの空模様予報。

前日に現場へ自転車運んでおき、明け後「大宮」~輪行「越生」下車し、半日のんびりと里山走ってきました。





あと二週間ほどで、梅見で ごったがいすのでしょう。 「越生」は梅祭りの準備してました。
イメージ 1




オオムラサキが、自生するんですかね?!
選んだルート地道(ジャリ道)が多いので、クロス出しました。
イメージ 2




「西光寺」寛永??年とか書いてました。
イメージ 3



のどかな「嵐山」里山。 ここから見る風景好きです。
イメージ 4



「大井戸」ここは一匹エビ天が、のってくる ウドンが有名です。
イメージ 5



定番を外し「鴨ウドン」注文しました。
イメージ 6




帰路は東武線「武蔵嵐山」~輪行で、帰宅
イメージ 7



この近辺裏山トレール、私のMTBホームコースで走りまくっていましたが、今ランはガード付き(ランドナー)似合う最適なルート探りながら走ってきました。(風景も・温泉も・蕎麦屋も・イイ所多数ありです)
次回出撃車は、「ランドナー」出そうとおもいます。

厳寒時に、初釣り。

平日休み多い私、めずらしく(土)公休でした。

で、そろそろ「シーバス」(スズキ)春の陣 始ったとの頼り聞き川崎「つり幸」サンへ。

我が戸田市→川崎市まで車で行こうとすると、激混み地帯を掻き分けながらの釣行。

今釣りは、ルァー釣なんで、装備は簡素。

んじゃ、電車で行くべ~。  トコトコ電車で行ってきました。


午後船(12:30出港).11:30には宿に着いて 午前船の状況聞いてみると、釣果0の人も居るとかで イヤナ予感?!

定刻どおり12:30出港, ポカポカ陽気で風も波も無く 数匹釣れればイイっか てな感じで、ポイント到着。

船長合図とともに投入すると………

一投目から、入れ食い!(^^)!





こんなかんじで、竿とクーラーBoxとメッセンジャーバックの、電車釣行仕様
イメージ 1




北風も止み、ポカポカ陽気で、本日ポイントの「アクアライン橋脚」へ。
イメージ 2




シーバス、ヤル気なんで、「ワインド釣法」(反射食い誘発)試してみました。
勉強になりました。
イメージ 3




足元は、みるみる鱸スズキ(50cmクラス)だらけ! 驚愕の入れ食い。
皆さん生き〆は食味に影響するのを心得てます、すぐさま包丁で血抜き  
イメージ 4



横浜の街並みに日が、沈んでいきます。 こんな夕暮れ観れるのも沖釣りならでは。
日が暮れるまで、久しぶりの「シーバス」ジギング堪能してきました。
イメージ 5



行きつけの小料理屋にて、お造り
イカの奥が「ズズキ」刺身です。
イメージ 6



「スズキ」カマ 塩焼きです
生き〆やって正解!臭み無
イメージ 7




海釣りは、有る意味ギャンブル的要素含んでます。
たった数時間前は、パッタリ釣れなかったのが、この釣果。

潮・風・光・餌・水温・etc… 

だれも予測つかない。

これだから、釣りは やめられません。

北区某自転車屋より「ホーザン」フレ取り台を、格安で譲ってもらいました。


丁度MTBホイール、イイ感じでフレていたので、使い心地試すついでに作業開始。
イメージ 1


ナガサワ流?!足で踏みナジミ出し。
流石に全体重のせる両足踏みは、見合わせました。(昔は、スーチャンリム平気で乗ってましたけど^_^;)
イメージ 2


センター出しは、使い慣れた「ミノウラ」
イメージ 3


鋳物「ホーザン」流石にプロ仕様。流通してるホーイルを全てケァ出来そう?!
まだ私は、手が「ミノウラ」仕様になってるのか?ミノウラ」の方が使いやすいです。
イメージ 4


センターゲージも、「カンパ」より「ミノウラ」の方が、使いやすいです。
イメージ 5


ニップル回しは、おもにこの三つ。
下部の、台湾製ニップル回しが使いやすいんです。
イメージ 6



私的に、工具は¥高いからイイ工具 ブランド製だからイイ工具 ≒ ではない。 と 思います。

確かに、国産K社を使い回らないボルトが、舶来S社使ったら回った等々の話聞きますが、

人、それぞれの使い道にマッチした工具が、その人のBest工具だと思います。

↑このページのトップヘ