トモジーのblog

Yahooブログから引っ越して来ました。

2010年06月

イメージ 1
本日は、仕事明けでした。
あぁー蒸し暑い~ 帰宅後即行シャワー浴びマッタリしてると、いつの間にか爆睡。
 
目覚めると14時
なにを思いついたのか、無性に「弁慶」の背油ギタ系食べたくなり、一路 浅草へ。
 
 
到着が15:30
繊維物多く取るか と、モヤシ増し注文。
17時まで、大盛無料ですけど?! と店員。  即二つ返事で お願いします。
マテよ「弁慶」の大盛って……
 
きたぁ~~ これです。(THIS IS IT) 器は洗面器です。(@_@;)
イメージ 2
出された物は残さない私、今回ばかりは、途中 座礁しました。(>_<)
 
 
 
 
食休みに、桜橋畔 定点観測。 ずいぶん延びました。
隅田川畔から眺める「スカイツリー」遠近感かもしだし好きです。
イメージ 3
 
 
昨今「ラーメン二郎」がフューチャーされ、それに対抗し「弁慶」も必死に集客です。
でも「弁慶」の大盛はハンパじゃないっす。 
大食い自信有る方、是非「弁慶」の大盛 チャレンジしてください。
 

日記更新滞ってましたので、ヘルメットペイント第二弾など。
 
 
 
ライディング革命(ハングオン)起こした「ケニーロバーツ」 その秘蔵っ子「ジョン・コシンスキー」当時好きでした。
 
 
「SHOEI」では、ロード用「ジョン・コシンスキー」レプリカは売っていたのですが、OFF用は無く、
 
んじゃー、塗るべ~ と OFF‐VFX自己流で塗りました。
 
 
私的に、「ジョン・コシンスキー」250ccクラス最強のライダーだったと思ってます。
イメージ 1
 
 
 
デザインは、「TLD」(トロイリー) 米国旗意識した、シンプルで飽きのこないデザインです。
イメージ 2
 
 
 
 
お気に入り勝負ヘルメットで、関東選手権・全日本選手権で被りました。
イメージ 3

蛙の子はカエルなんだなぁ !

「AMA MX」(アメリカ・モトクロス選手権)リザルトチェックしてると「Eli Tomac」250ccクラスデビューウインの文字が…
なに「TOMAC」
もしや 調べてみると
やはり 父親はMTB界のスパースター「John Tomac」!(私が、MTBのめり込むきっかけになった人物)
 
まだ、あどけなさ残る18歳。 ヘルメット脱ぐと父親そっくりの笑顔が印象的です。
 
NAME #243 ELI TOMAC(イーライ トマック)  BIRTH OF DATE 1992年11月14日  BIRTH OF PLACE U.S.A / コロラド州  CLASS LITES(250cc)  TEAM GEICO Powersports Honda(ガイコ パワースポーツ ホンダ) MOTORBIKE CRF250R
イメージ 2
 
 
 
John Tomac1991年のMTB XC世界チャンピオン!
イメージ 1
 
今では、考えられませんが、
MTB黎明期トップカテゴリーで、ダウンヒル クロスカントリー掛け持ちで 出場する選手多数いまいた。
 
 
 

数日前MTB仲間から、トモジーさん10日休みなら「富士見」行かない?!
勤務シフト見ると、おぉ公休じゃないですか。
即二つ返事で、参加表明 今年初めての「富士見パノラマDH」行ってきました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
正面ゲートには、次回「御柱祭」の告知が、掲げてありました。
 
イメージ 2
 
 
 
これは、本番に向け練習用の「御柱」だそうです。
 
イメージ 3
 
 
 
「八ヶ岳」を背に しぇ~。
ライディング基本となるハードテールで、挑みます。
 
イメージ 4
 
 
 
 
ゴンドラに乗せて山頂まで、15分。
降車後7kmのDH待ちかまえてます。
 
イメージ 5
 
 
 
ちょっとヤラセで、撮ってもらいました。
 
イメージ 6
 
 
 
無事、病院(クラッシュ無し)の世話にならず^_^;今年初めてのDH終わり、帰路名物の「ほうとう」食べに「小作」へ。
 
イメージ 7
 
 
ここの「ほうとう」量も質も◎です。
 
イメージ 8
 
 
 
 
日本でも数少ない本格的なDH行える場所提供してくれる「富士見パノラマ」に感謝!感謝!
 
 
 
 
手元シフト・ディスクブレーキ・サスペンション・高剛性リム MTBと共に進化したマテリアルは、現在の自転車(ロード・クロスバイク・街乗り車)にも活かされてます。
もう少し、日本でもMTBの存在意義、見直されてもイイのでは。

 
「ACF」初夏東北RUN参加してきました。
 
5日(土)は、勤務明けでした。仮眠後 15:06大宮発「やまびこ」で福島まで、ピューット。
 
イメージ 1
 
 
 
ソソクサと組立、宿に向けて走行開始。
 
東北新幹線の駅前って、どれも同じように見えてしまうのは私だけ?!
 
イメージ 3
 
 
「福島駅」→「飯坂温泉」(集合宿)まで、10kmたらずで着いてしまうので、あえて迂回
あぶくま川CRを北上
しかし土曜日のCRと言うのに誰も走って無い。ここならロード乗ってもイイかな!
イメージ 4
 
 
 
あぶくま川で、スモールマウスバスが、増えてるとか報道されてました。
ここぞと言うポイントでは、釣人多数みかけました。
 
イメージ 5
 
 
浜通りには、「団地」の原型になった住居が残ってます。
 
イメージ 6
 
 
 
宿に到着「ほりえや旅館」です。
 
イメージ 7
 
 
なんとゴザがひかれ、諸先輩方の自転車があげられてる。
ACFらしからぬ光景。
 
イメージ 8
 
 
ツーリスト割引あるとかで、¥格安で泊まることできました。
 
イメージ 9
 
 
停まる都度、自転車談義
この光景は、どの倶楽部も一緒ですね。
 
イメージ 10
 
 
いつもバリエイション飛んだコースありがとうございます。 プランナーN氏 愛車
マキシカーHUB エベレストフリー&チェーン アイズリムに更新され ピカピカになってました。
 
 
イメージ 2
 
 
 
天候にも恵まれ、新緑の中を 走ることでき最高でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
この後も、2~3自転車イベント待ちかまえてるので、節制しなければ。
 

↑このページのトップヘ