トモジーのblog

Yahooブログから引っ越して来ました。

2019年07月

 

              お疲れ様です。


本日公休でした。先生の都合メール確認せずに寝てたら,本日ok知ったのが11時ヤベ(-"-)速攻仕度して出て行きましたが,40min遅刻スミマセン。(-_-;)
それにしても暑い日でした。(T社同様冷房設備無し(^'^)当然ですね) 持参した2ℓスポーツドリンク残さず飲みました。トーチ持越し サングラスに汗がプリズム化してました。

       本日の工程.シートステー取付・小物取付・といった所です。



   [east_bred]様から質問ありました,チューブブロックこんなかんじです。
イメージ 1
既製品は金属です。


先生はチューブサイズ合せてφ垂木くり貫いてフレーム支持してます。
イメージ 2
北米サイクルショー行った時 技収集したそうです。



垂木片側タイヤを蝶番にしてます。
イメージ 3
金属チューブブロックですと,チューブ潰す事例あるそうです。この技頂きです。(^'^)



[アセチレン][酸素]吹管トーチ♯100だそうです。♯↑上るほど炎太くなるそうです。
イメージ 4
小物は軟鉄で載せる箇所は薄いチューブ上なので,この位炎行ってくださいと。



Rブレーキブリッジ裏 泥除けアイレット付け.撮ってもらいました。
イメージ 5
小物段取りロウ付 面白いです。



なんでもアメリカンビルダー名工1人は,小物付けをヤスリで押えつけロウ回すらしいです。
イメージ 6
Sピラー締付ける箇所なので,しっかりロウ回して下さい。御指導頂ました。



やらせ画撮って頂きました。(^'^) チェーンステーブリッジ取付です。
イメージ 9
小物取付部なだらかにロウ盛方 [アセチレン絞り.酸素増やし]炎小くし母材比熱利用し,ロウ重ねる施工方教えて頂きました。



シートチューブ割り入れ シートリーマー通して いよいよフレームに。顔にやけてます。(-"-)
イメージ 7
稲刈り時使う作業ズボン 役に立ってます。(-_-;)



で、見れる形になりました。 (-_-;)
イメージ 8
シートチューブとシートステー取付部 銀ロウ使います。(ビルダー真鍮ロウで全部行われる方多数だと思います)融点低い銀ロウ使用する事で仕上部の真鍮ロウ融点以下で取付出来るそうです。最後のフニッシュ部真鍮ロウ塊ってるからですね。
 


次回 Wレバー台座付け.細部仕上げ.心出し.です。
あと予定なかった Fフォーク 作成行ってみます。(-_-;)



[クロモリ鋼] 加熱→冷却々々を20回くり返しても分子配列変化しない研究結果出てるようです。[アマンダ千葉]様が,カーボンは鉄を越えられない]うなずけます。


私的 覚書兼ねてるので、マニアック記なりスミマセン。(-_-;)






               お疲れ様です。



本日仕事明けでした。若干寝不足でしたが、気合入れ作業場へ。鬱陶しい梅雨明けたんでしょうか? とりあえず今日はカッパ持って行かなくても済みそうです。



本日の工程前に、ボトルゲージ用アイレット余ってましたので、わがまま言いましてボトルアイレット流用し、テールランプ用アイレット付けさせて頂きました。
イメージ 1
ちょこっと乗せるだけで良かったのですが、どうせやるなら綺麗にロウ盛りましょうと.ご指導頂けました。
イメージ 2
ちょっとボコボコは、磨きで誤魔化しましょう。(-_-;)



シートステー接続部は蓋にしました。目立つ部なので左右均等にしてくださいと.
イメージ 3
この工程フリーハンド的作業で、面白かったです。



さて蓋を,どのようにロウ付するか? 知りたかったんです。
イメージ 4
チューブΦブロックとスポーク共締めし,スポーク張力で蓋押し付けロウ回すらしいです。



で、私的妥協点で.出来上がり。
イメージ 5
ラフカットから,ここまで2時間かかりました。ひたすら削り削り削り連続でした。
 
本日は、ここまで。




フレーム作成とか言うと、溶接(ロウ付)絵になり玄人っぽく見えますが、工程の大半は、切って・削って・修正・切って・削って・修正・磨き の連続ですね。



   

                お疲れ様です。

相変わらずの降ったり止んだりの天気ですが、本日公休日フレーム作製行って来ました。  自転車乗りに不向き天気続きなので、丁度イイです。?



   前回Rエンドとチェーンステーロウ付け済品を、B.B.へロウ付です。
イメージ 2
いきなり済画ですが、エンド煽り治具上心出し→BB接続部ザグリ→かりロウ付け→測定心出し→本ロウ付け→ホイール取付測定 こんなかんじでした。



 ラグレス チェーンステーロウ付け難しいです。 ホームビルドはラグ付きかな。
イメージ 1
横置き治具上行うカリ付け難しいです。トーチさし難いし 厚いBBと薄いチェーンステー熱の回り具合見きわめるの難儀しました。 本ロウ付け時,かり付けでデロデロになったロウを適温まで上げ誘導する方法教えてくれました。



シートステーに割入れしRエンド差込確認。本日はここまで。
イメージ 3
接続は、シンプルに蓋つきで行きます。FOX DHジャージすっかり作業着なってます。



ショップ展示用ミニベロ.先生の見本です。
イメージ 4
磨き後ですが、ロウの帯が均一で美しいです。




ダウンチューブ寸切りで,ちょっと失敗した所活かして仕様変更しまーす。






                お疲れ様です。


[田村 編集長]マキノ号に装着されていた[ARC FENDER SPORT]が気になり、家から程近い[ジャイアント ストアー板橋]にて購入して来ました。

           ARC FENDER SPORT



         で、早速 所有[BMC CX02]付けてみました。
イメージ 1
説明書ステー取付はコニカルナット外し同梱台座で右側トモ締め書いてありましたが,クイックひっくり返し左側付けてみました。


8ℓ容量サドルバック合せると,こんな感じです。
イメージ 2
確かに,サドルバックを泥除けにすれば背中.頭部への跳ね上げ防げそうです。

[JBT]プレゼン時.審査員から足元泥汚れ質問されてましたが,編集長いわく2000km実走で汚れ無しと語ってました。Fディレーラー無しも功を奏してると思います。



雨天時Fフェンダーは付け.Rフェンダーこの仕様で試してみます。




  

               お疲れ様です。


    本日公休でした。 家からミニベロ走らせ40minの工房へ。
 フレーム作成4日目 前三角本ロウ付け.チェーンステー寸切 Rエンド差込ザグリ.Rエンド煽り後チェーンステーロウ付け. Rエンド差込部削り.でした。


           Myサングラス持参して行きました。
イメージ 1
トーチ持ち方駄目です。酸素ダイヤルに指かかる位置で持った方がイイみたいです。


[パークツール]スタンドでクルクル回しながら前三角本ロウ付けです。

本ロウ付け順番に並べてみました。
イメージ 2
topチューブ①マーカー↑正面見て反時計巻きロウ付け覚え書きです。
3日目かり付け時 右へ反りを戻す為topチューブかり付け~反時計本付けしました。
ダウンチューブ②マーカー↓正面見て時計巻き本付けです。


topチューブ シートチューブ③マーカー↑正面見て反時計巻き本付けです。
イメージ 3


ダウンチューブ④マーカー シートチューブ ダウンチューブ接点かり付け~時計巻き本付けです。
イメージ 4
シートチューブ⑤マーカー  シートチューブ ダウンチューブ接点かり付け~反時計巻き本付けです。

ロウ材収縮反り考慮しながら本ロウ付けして下さいと,御教授してくれました。
言われたママ行いましたが,定盤で測定するとホント言った通りに反り出てるんです。


ケガキ線見ながら現物合せザグリ.意外と難儀しました。
イメージ 5
ベルトサンダー様々です。下手ロウ付けでもヤスリがけで見れるようになりました。

先生の言われたママ行ってますけど,なんとなくロウが母材に乗る温度つかめてきた気がします。なーんてカッコ付けましたけど完成まで先長いです。
本日火傷2ケ所です。(-_-;)



番外編 続き。
時間裂いて頂き家庭用ガストーチで銀ロウ付け行いました。
見事 銀ロウ毛細管現象起しました。
イメージ 6
左:私. 右:先生.
母材ヤスって中性洗剤洗う事.フラックスケチらず塗る事.ガストーチ母材を適温まで炙る事.だそうです。 ただし銀ロウフラックス蒸発ガス有害だそうです。 
あと銀ロウ¥高いです。 ラグ付きフレーム作成なら銀ロウで作れる事分かりましたが,真鍮ロウ.銀ロウ.どちらにするか今後の課題です。



↑このページのトップヘ