トモジーのblog

Yahooブログから引っ越して来ました。

カテゴリ: 自転車



お疲れ様です。 二週間間ぶり🚲作製工場へ行って来ました。
例のごとく仕事明け作業なんでけど
,[’2021JBT]開催概要告知うけ,モチベーションUP☝

本日は,前施工の続き[S字ベントシートステー]追込みでした。(ー_ー)!!


シートチューブ溶接ヵ所 面一をベルトサンダーで,追込んで行きます。

210226フレーム (1)210226フレーム (6)
Rスロット側 溶接ヵ所のザグリは,ディスクサンダー+鑢で追込んで行きます。

ここまで2.5h.簡単そうに見えますが,△形底辺処理.側面から体裁気をつける施工です。(-_-;)



Rスロット側チェーンステー溶接 当初ストレート[クの字]処理設定してましたが,先生より曲が妥当と。

210226フレーム (2)210226フレーム (3)
レーザー抜きRスロットを,そのままバイス銜え,えぃっと✋フリーハンド左右均等?に゙曲げます。



Φ140mmローター逃げ確認〇ok。

210226フレーム (5)210226フレーム (4)
シートチューブ🚵.㊙の仕込みヵ所なので,後に公開いたします。(?_?)

前△とは対称的に,後△の施工.全方面~の体裁求められるヵ所!?凄く気を遣いました。


残すは,Sステー・小物・ブリッジ・溶接………???となりました。
驕ることなく,施工します。


















    お疲れ様です。
 オンラインハンドメイドバイシクル’2021 UPされました。

先生の動画URL付けておきました。
         ↓
https://www.youtube.com/watch?v=CRwa5xjtYqo


想定してた取材内容と別だったので、拍子抜けしたと語ってました。
ま、おかげで工場が片づいて良かったと。

流派に属せず、独学で成り立つ。 今後も🚲吸収したいです。



    お疲れ様です。昨日仕事明け🚴作成工場へ参りました。
   13:30~16:30の間で,シートステーS字曲げ行いました。


シートステー曲げ加工二号🚴作成時難儀した思いあります。支点ずらしながら曲げ加工時捻じれてしまい,先生に助けてもらいました。 今回も失敗したら,納得いくまでSステー買いますと言い渡し施工開始。(ーー;)


工場で一番R大ベンダー使いシート側曲げ。ポイント数ヵ所ずらしながら曲げます。

210212フレーム (1)210212フレーム (2)
左右確認しながら曲げ過ぎないよう慎重に施工。



Rスロット側は,一回り小さいベンダー使い加工.ポイントも4ヵ所ずらし曲げました。

210212フレーム (3)210212フレーム (4)
型紙通り左右均曲げ・捻じれは出てないか。先生見てもらい合格〇頂きました。



シート接続削り箇所マーカーしサンダーでラフカット.←反転画です。

210212フレーム (5)210212フレーム (6)
ダミータイヤ嵌め逃げ確認しながら,ベルトサンダーで追込んでいきます。



溶接面ラフ仕上げ後,番線で縛り確認。スミマセン細工ヵ所塗りました。(-_-;)

210212フレーム (7)210212フレーム (8)
ステー接続ヵ所曲げ可能ですが,レーザー抜き安全パイそのまま斜めにザグリ溶接します。


ここまで2.5h作業でしたが,フリーハンド的加工要する作業,凄く神経使いました。
多段化進む🚴.ハンドメイド🚴作成このような工程避けては通れないです。














 お疲れ様です。 作製二号車🚲Bキャリパー交換してみました。


機械式で対向ピストン有する[TRP spyke]絞り込むような利きに定評あり採用しましたが,Bパッドをセンター持ってくるセッティングがシビァで、走行中止った時ローター引きずってないか頻繁にチェックしてました。

KIMG1481KIMG1478
それと,二号車🚲クイックアクスル採用してる為,多少のハブ軸のズレでも,引きずる傾向にありました。


更新したBキャリパー[AVID BB7]記憶が定かなら,15.6.前~このスタイル保ってます。

KIMG1489KIMG1484
セッティングも簡単,スポーク側ダイヤルきつめに押し付け 可動ピストン握りながらワイヤー留め後→スポーク側ダイヤル戻せば,セティング1発。 タッチの感触も,カッチリしてて私好み(^_^;) 多少のハブ軸ズレでもDローター引きずりません。 難を言えば,パッドが片押し為ローター内側へ変形させながら制動得るので,アマがけ やり難い?です。

壊れにくい[AVID BB]シリーズ。[NAHBS]等の展示🚲にも,今だに多くの🚲採用してるの納得です。







   お疲れ様です。 本日仕事明け,令和3年初🚲作製工場へ参りました。


BB⇔チェーンステー溶接ヵ所ロウ盛り増.ラフ仕上げ.シートステー形状弧ラフ案確認.でした。


先生よりチェーンステー下部ロウ盛り足りない指摘.盛増しました。

210108フレーム (1)
既構想はガセット補強ヵ所でしたが,巻上げゴミ溜るので,ガセット無しました。


ホイールを容易に確実固定し,輪行時の自立を保つ,考慮し一細工してます。

210108フレーム (2)210108フレーム (3)
                  チェーンステーS字が収まり良く,ホットしました。

ロウ増盛→ロウ削り→ラフ仕上げの,本日4h作業でした。


次回.使用するチェーンホイール・サドル・Rブレーキキャリパー 装着し,シートステー弧を決めていこうと思います。





↑このページのトップヘ